goTop

  • お問い合わせ

コケ対策と予防

コケの発生原因はいくつか考えられますが、最も多い原因は、底砂や濾過器の汚れ、直射日光、肥料の過剰投与などが主な原因で飼育水の亜硝酸濃度や硝酸塩濃度が高くなった時です。

アオミドロ

形状的には、細長の糸状で、主な発生原因は、照明過多、飼育水の富栄養化等が考えられます。
【対策】
1:換水頻度を多くする。
2:CO2添加量を多くする。
3:照明を消す。
エビやペンシルフィッシュがある程度食べてくれます。


藍藻

ドロリとした濃い緑色の膜状で、底床や水草を覆いつくします。
藍藻は正確には苔ではなく原核生物のシアノバクテリアと呼ばれる細菌です。
主な発生原因は、発生は底砂の汚泥や水質がアルカリ性で高硬度になっている。
水草の葉、ガラス面、底砂の表面に発生します。
【対策】
1:藍藻が発生したら可能な限り吸い出す。
2:CO2添加量を多くする。
3:市販のバクテリアを投入する。
4:照明を消す。

珪藻類

水槽セット初期に多く発生するココアパウダー状のコケです。色は茶色で、葉、ガラス、砂利などあらゆる場所に付着します。 主な発生原因は、発生は照明時間不足や水中の養分や老廃物が多い、水質がアルカリ性で高硬度になっている。
【対策】
1:ワンランク上のフィルターにする。
2:換水頻度を多くする。
3:照明時間や光量を多くする。
オトシンやエビ、貝類が好んで食べてくれます。