goTop

  • お問い合わせ

海水魚の飼い方

海水魚と熱帯魚飼育との違いは人工海水を用いて飼育することです。多少のコツがあります。
海水魚の飼育には水換えによる水質維持よりも、いかにして水槽内の調和を保ち水を清潔に維持するかが課題となります。
特にアンモニアは海水魚水槽のようなアルカリ性の環境では毒性の強い状態になりますので、窒素酸化物の無害化をするためのノウハウが必要となります。

用意するもの

○水槽 ○フィルター ○水質調整剤 ○底砂
○照明器具 ○水温計
○保温器具(ヒーター、サーモスタット)
○水かえ用ポンプ ○人工海水 ○比重計 ○ろ過材
○エサ ○アミ ○バクテリア剤

水槽

材質はアクリルとガラスの二種類あります。
それぞれ特徴があります。
【アクリル水槽】
アクリル製の水槽の長所は衝撃に強いので割れにくい。
ガラス水槽と比べて軽い。
サイズが様々なので、好みの大きさを選べる。
傷が付きやすいといった短所もあります。
【ガラス水槽】
傷は付きにくい。
衝撃には弱く、アクリル水槽よりかなり重い。
透明度が高く美しい。

フィルター

水質を浄化する微生物 ( バクテリア ) が住む場所と言う大事な役目をします。海水飼育には、ワンランク上の能力表示のフィルターをお勧めします。

水質調整剤

水道水中のカルキを抜く作業をします。しかし使用する人工海水の種類によっては、カルキ抜きが不要のものも多くありますので注意が必要となります。

底砂

海水魚に適したアルカリ性の水を保持しやすいサンゴ砂が一般的に使用されています。

セッティング

1.置き場所を決める。
直射日光の当たる場所や、電気製品の隣を避ける。
2.底砂を洗う。
購入した砂をバケツ等に入れ水道水でしっかり洗います。
3.水槽のセッティング
水洗いした砂を水槽に敷き詰め、フィルター、ヒーターなどをセットする。
4.海水をつくる
バケツに張った水道水に人工海水を溶かし。溶かしてから比重計で塩分濃度(1.020−1.023)をチェック。[水温を25度前後に調整した水を使えれば正しい比重]が得られます。
水槽に海水を入れたらバクテリア剤を投入しフィルター、ヒーターなどを動かします。

海水魚を水槽へ移す

槽のセッッティングが終わって、2〜3週間ほど海水を循環させたら魚を買って来て水槽に移します。いきなり水槽に魚を入れると、pHショックや水温の差で、弱らせてしまう危険性がありますので水合わせが必要となります。魚の入った袋の水ごとバケツに移し、水槽の水を少しずつ加え、元の水の倍量ぐらいになったら魚を水槽に入れます。